卓上カレンダーはパッと見で予定が把握できる

資源を再利用

カレンダーとボールペン

木を伐らずに紙を造るには

普通古紙を再生させようと、再生紙が造られていますが、再生紙が造られる過程で、多くのエネルギーを使うので、結局は地球温暖化へと繋がってしまいます。 環境を守る為に、木を伐採せずに紙を造れないか、と考察して誕生したのがストーンペーパーです。ストーンペーパーは名前の通り、石から出来た紙の事をいいます。 製作過程では水を使わないので、排水が全く出ず、水を汚す事はありません。環境に良い紙として、ストーンペーパーを利用した印刷会社が多くできています。

ストーンペーパーの印刷

ストーンペーパーは環境に良いだけではなく、多くのメリットがあります。 破れにくく、耐水性も良い、木の紙では使用できない水回り、屋外でも使用できます。一番の特徴は、水中でも文字が書けるという事でしょう。 現在、ストーンペーパーは印刷にも利用されています。 会社では名刺に使われています。それ以外に、紙袋やガイドブックなど、もし屋外で雨が降っても、濡れてしまい使えなくなるという心配もなくなります。 ストーンペーパーは耐水性に優れている為、印刷で水を弾いてしまうと思いがちですが、インクは油性を使用するので、印刷するのに問題はありません。 今はまだ値段が高いかも知れませんが、今後国内でも製造工場や需要が伸びれば、手に取りやすい金額にもなる事でしょう。